検索結果

WING SCHOOL インタビュー

マルシェでは自分の企画で出店!

子ども(15歳)インタビュー

Q. 君にとって、この学び場ってどんな場所?

家って感じですね。ほんと大家族みたい。
それぞれに個性もあって、みんな同じところがないから、お互いを尊重しあってみんな過ごしている感じ。
私にとってWING SCHOOLは、人生を変えてくれた場所です。
WING SCHOOLに来てから、たくさんの人と巡り合っていろんなことを学んで、すごく自分でも成長できたと感じます。
先生と生徒の距離も近くて、安心感がある。
勉強だけじゃなくて、人生のことも学べる。尊敬できる先生がたくさんいます。
WINGに対しては想いが多すぎて語り尽くせません(笑)。

この学び場に興味がある子へのメッセージ

私の人生が変わったように、全くしたことがない経験がたくさんできて、先生達もみんな優しく接してくれて、世界が変わります!
周りは自然もたくさんあって、ほんとに休みが来るのが嫌なくらい楽しくて、毎日ワクワクします。
修学旅行とか、遠足とか、楽しい行事も自分たちで企画できて、毎日新しいことの発見の連続で、ほんとに楽しいです。

私は公立中学に行っていた頃は、世界がモノクロに見えていました。そのくらい封じ込められていた。
でも、その時にWING SCHOOLに出会って、世界ってこんなにキラキラしているんだ、こんなに楽しくてたくさんの色があるんだ、と思いました。
私が伝えたいことは、学校だけが世界じゃなくて、世界はもっと広い。
ほんとに人生が変わるから、一回来てみてください。

保護者(息子13歳)インタビュー

Q. なぜこの学び場を選んだのですか?

生きていく力をつけられそう。自分で考えて、自分で行動する力がこれから必要だと思ったのが、ここで先生たちのお話を聞いて、まさにそうだと思ったから。
勉強勉強と特化されていなくて、食・体・心を育むというところが、まさに自分が子供に大切にしてほしいと思っていたところでした。
あと、先生たちの魅力。一人ひとりが面白い!
初めて体験に来たときに、私もこんな授業を受けたい! こんな学校ならいきたい! と思った。

Q. 不安は無かったですか?

ないですね〜。元々不安は感じないんですよね〜。
息子が何か不安に感じたときに、それを一緒に考えることはあるけど、自分自身は特に不安はなかったです。
こんな学校があってよかったね〜! といった感じでした。

Q. どんな場面で子どもの成長を感じましたか?

最初はただただほんとに伸び伸びと生活をしていました。
一年が経ち一度今までの学校と違い、自分で何でも考えてやるというのはどんなことなのかと本人が悩んだ時がありました。
ただただ見守って、その後乗り越えて息子が自分で動き出した時、成長を感じました。
プロジェクト発表会で堂々と想いを発表する自信に満ち溢れた何も不安がない姿を見た時、大きな成長を感じました。

この学び場に興味がある保護者へのメッセージ

とにかく来て感じてほしいです。子どもらしさ、その子その子が輝くというのはどういうことなのか、親が学べます。
子どもは自分に合った場所なら自然と輝きますが、親は期待や不安やいろんな想いがある中、先に手を出したり言葉で導こうとしたりしてしまう。でもそうではなく、子どもが輝ける場所なら見守るということがとても大切なんだと先生の姿から学べます。
子どもはここに入っちゃいすれば、輝けると思います。
あとは、親の影響はとても大きいと思うので、親同士で子どものこと、学校のことをたくさん話せます。皆それぞれ考えが違う中で、その語らいも面白いです。

校長・田上インタビュー

Q. この学び場に込めている思い

子ども達はみんな「自分らしさ」という天才性を持つ存在です。
野菜は人参でも大根でも、良い畑では元々持っているエネルギーを発揮できるように、学校は本来子ども達が持っている「自分らしさ」を思いっきり発揮できる良い「畑」で合ってほしいと願っています。
さらに、人間は「畑」を選べる「野菜」です。子ども達には、自分らしく輝くことができる進路や仕事や住む場所などを選ぶ力を持ってほしいと願っています。

さらに、人間は「畑」を作ることができる存在です。小さくてもいいから自分らしく輝くことができる「畑」を創る力を手に入れたら、こわいものはありません。
WING SCHOOLは、そんな力をつけることができる教育空間が広がることで、一人ひとりが自分らしく輝く新しい時代への変革を教育界から目指しています。

Q. この学び場に興味がある親子へのメッセージ

WING SCHOOLで一番感じていただきたいのは、このステキな「畑」で育っている子ども達のエネルギー値の高さ、そしてその笑顔です。
ホームページやFacebookページにその様子が載っていますので、ぜひご覧ください。
オンラインでの説明(写真や動画を含む)も可能です。気軽にご連絡ください。

そして、もし可能ならお子さんに体験していただけたらと思います。
子ども達は、その空間が自分に合っているかどうか、敏感にわかります。
行き渋っていた子が、1日体験(あるいは2時間の見学)が終わる頃には、「ここに行く!」と宣言する子も珍しくありません。
ある子は、「WINGのスタッフは皆、太陽のように光り輝いていて私たちを照らしてくれる。私もいつか周りの人を照らせる人になりたい」と言ってくれました。
ステキな出会いをお待ちしています。

関連記事

  1. 遠足で行った動物園について皆で話す

    名古屋友の会 幼児生活団 インタビュー

  2. 手作りのお人形

    こども園 にじの子 インタビュー

  3. 自分たちで遊びを作り出す

    森のようちえん さんぽみち インタビュー

  4. みんなで食べるごはん

    フリースクール まなポート インタビュー

  5. デイサービス利用のおばあちゃんと職員の赤ちゃん

    まきばフリースクール インタビュー

  6. 色々なもので室内遊び

    東京賢治シュタイナー学校 幼児部 たんぽぽこどもの園 インタビュー