運営団体

マナカタは、二名のチームで運営しています。

共同代表 浅見直輝

――元不登校・引きこもりの教育活動家
全国の学校取材・講演担当

1994年生まれ。中学時代、1年半の不登校を経験。その後早稲田大学に入学、196カ国の青年が集う次世代サミット(One Young World)日本代表に選ばれ、現在も日本事務局公式アンバサダーを務めながら、 様々な国の学校・教育機関への視察を積極的に行う。
中学の不登校時代や国内外での経験・活動をもとに、5000名以上の中学・高校生、保護者向けに講演活動を行っている。

●著書: 居場所がほしい ―不登校生だったボクの今(岩波ジュニア新書)
●講演等のご依頼: asami★mana-cata.jp(★を@に変換)

共同代表 征矢里沙

――「生きる力」をはぐくむ教育研究家
Webサイト運営・執筆担当

1983年生まれ。高校2年生のとき、恩師との出会いがきっかけで「日本の教育を変えたい」という志を抱く。
慶應義塾大学総合政策学部に入学し、シュタイナー・サドベリー等のオルタナティブ教育を研究。2006年に大学卒業後、株式会社リクルートに就職。2012年、会社を卒業して「NPO法人いきはぐ」を起業し、全国約100ヶ所以上の「生きる力」をはぐくむ学校・園を取材。いきはぐのリニューアル版として、浅見と共にマナカタを立ち上げる。2児の母。

●執筆のご依頼・サイトに関するお問い合わせ: seiya★mana-cata.jp(★を@に変換)

■クラウドファンディングについて

マナカタは、クラウドファンディングにて、556名の方々から 5,457,000円のご支援をいただいて立ち上げることができました。ご支援者の皆様、どうもありがとうございました!!