検索結果

森のようちえん めーぷる保育園/もあな保育園 インタビュー

木漏れ日の中でのびのび過ごす

保護者(お子さん3歳)インタビュー

Q. なぜこの学び場を選んだのですか?

子どもができて、家が近かったので話を聞きに行ったところ、コンセプトがとても自分の考えに合っていました。
食材も生活クラブのもので安心だし、山田先生のお話は理想に近かったので、生まれる前から「絶対ここがいい!」と決めていました。
申し込みができるようになってすぐにしたので、6ヶ月から預かってもらうことができ、仕事に復帰しました。
こんな小さいうちから預けちゃってどうかなとも思いましたが、ブログ(※1)の写真を見ても、家では見たことないくらい、楽しそうに生き生きしています。
報告ノートも、とても詳しく様子を書いていただけます。
保育参観では、普段よりたくましい姿を見ることもできました。
この園に通うことができて、本当にありがたいと思っています。

※1 子どもたちの様子を報告する、めーぷる保育園のブログ。

保護者(お子さん3歳/4ヶ月)インタビュー

Q. なぜこの学び場を選んだのですか?

上の子はアルゼンチンで生まれて、2歳7ヶ月まであちらで育ちました。
その後、夫の転勤で日本に来ることになり、急いで保育園を探しました。
色々な園のHPを見て見学もしましたが、めーぷる保育園のHPにある「みんなちがってみんないい」という言葉に、「なんかよさそう!」とピンときました。
さっそく見学を申し込んだところ、対応がとても親切で、説明も、まず保育理念からだったので感動しました。
一般の保育園は、持ち物とかルールから説明されたので…
勉強を強要はしたくなくて、外でのびのびたくさん遊んで欲しいという思いがあったのと、先生たちが「子ども中心」という姿勢でやっているのはここしかなかったので、決めました。
食事に気をつけてくれているのも嬉しいです。
連絡ノートもしっかり書いてくださるので様子が分かりますし、こちらの書いたこともしっかり読んで下さり、コミュニケーションが取れている感じがします。
子どもも、この園に来て落ち着きました。
3歳からはめーぷるキッズにお世話になるつもりです。

NPO法人もあなキッズ自然楽校 理事長・関山さんインタビュー

Q. この学び場に込めている思い

畑や田んぼもたくさんある地域で育ち、子どもの頃は裏山や沢でよく遊んでいました。
畑の野菜を勝手に取って農家の人に怒られたり、地域との色々な関わりがありました。
大学時代にカヌーと出会って大自然に魅かれ、ニュージーランドの国立公園でガイドとして働きました。
一方でパタゴニアに勤め、環境イベントの担当などをするうちに、「環境を守る」というのは、物質的な自然の保護だけでなく、次の世代へのメッセージも大切だと考えるようになりました。
ニュージーランドでは、日常的に家族で自然の中に出かける習慣がありました。
学校の科目として勉強するよりも、こうした幼少~青年期の健全な体験が、未来を守りたいという想いにつながるのではと思いました。
そこで、子どもたちにフォーカスした活動をしよう!と決めました。
日本人としてのアイデンティティに立ち返って帰国し、子どもを対象とした様々な活動をしました。
そのうちに、めーぷる保育園と出会って連携するようになり、3歳以降の場としてめーぷるキッズを作り、めーぷる保育園が満員になったのでもあな保育園を作り……と、場が広がっていきました。
もっと定員を増やして欲しいと言われることもありますが、子どもの内側を読み取れるのに適切な人数や、空間的なゆとりを大切にしています。
一番大切にしているのは、子どもが「実体験」から学べることです。
色んな環境や状況に順応すること、自分だけではできないことを仲間と助け合うこと……
こうした体験のためには、管理しやすい限られた空間だけではなく、ドアの外に飛び出すことが必要だと思います。
私たちの園は街中にあるため、地域の様々な資源を保育に活用しています。
自然体験はもちろん素晴らしいと思っていますが、それだけにこだわらず、地域を掘り下げてみることも大事だと思います。
自然、そして社会の中での実体験を通して、生きる上で大事なことを子どもたちに伝られればと思っています。

めーぷる保育園 園長・石橋さんインタビュー

Q. この学び場に込めている思い

元保育士で、育児で休業していましたが、子どもが年長の時に募集があって、仕事に復帰しました。
自然の中でのびのび遊ばせることに魅力を感じ、妊娠中もプレーパークの立ち上げに関わったりしていました。
職員が学びあっていくうちに、今の保育の形になりました。
子どもとはもちろん、保護者との信頼関係をつくっていくことを心がけています。
子どもが持っている力を見守りつつ、自然な育ちを素直に伝えながら、保護者と子どもと一緒に育ちあっていきたいと思っています。
何年も子どもたちを送り出していますが、保護者の方がまた遊びに来てくれると嬉しいです。
帰ってこれる、つながっていける園にしていきたいです。
園選びは慎重になると思いますが、見学したときに、子どもの様子と保育者の様子を見て欲しいです。
保育者自身も楽しんでいるか、余裕を持っているか……
それが子どもにも伝わります。
子どもと接しているときの表情などを、見学でも読み取ってもらえたらと思います。

保育者・玉井さんインタビュー

Q. この学び場に込めている思い

一番下の子を入園させ、ちょうど募集をしていたので自分も復職しました。
以前は幼稚園で働いていましたが、自分で子育てをして初めて大変さがわかり、母の立場を生かしてあらためて違った保育ができるかなと思いました。
この園では寒い日も暑い日も外で自然活動をします。
自分も四季を感じられて楽しいです。
今年はどんぐりが少ないな、とか、この花が咲くのが早いな、とか、食べられる実とか、色々詳しくなって面白いです。
子どもたちは大きくなったら記憶はなくなってしまうかもしれませんが、肌で体験して感じていてくれたらと思っています。
保育園は預かり時間が長いので、我が子を預けてもいいと思えるように大切に見ていくことを心がけています。
また、子どものありのままを受け入れること、またお母さんたちも受け入れて、色んな子育ての悩みなどを言って貰える関係になれればと思っています。
自分も親や地域に助けてもらったから、働いている/いないに関わらず、つながりを持って一緒に子育てをしていけたらと思います。

保育者・吉野さんインタビュー

Q. この学び場に込めている思い

以前は一般の園に勤めていましたが、偶然のご縁でこちらにで働くことになりました。
この園のやり方に最初は驚きでしたが、1人1人丁寧に見れること、自然の中でのびのび遊ぶことの大切さなど魅力に感じ、勉強しています。
自然の中で安全を守るために、保育士も責任を担いますが、保護者の方もそこを分かってくれて、一緒に子育てをしているような感覚です。
地域の方もお散歩でよく会う方とあいさつをしたり、距離が近い感じです。
子どもたちのそれぞれのペースで散歩できるよう、保育者同士で連携しながら合わせています。
「あっちはダメ、こっちもダメ」ではなく、見守るよう心がけています。
大人が入らなくても子どもだけで遊びを創り出しているのを見ると、子どもたちの成長を感じています。

関連記事

  1. 穏やかな雰囲気の室内

    横浜シュタイナーこどもの園 インタビュー

  2. ゲームクリエイト体験

    かむいサンビレッジスクール インタビュー

  3. しっかり手をつないで

    森のようちえん ねっこぼっこ インタビュー

  4. 皆で木登り

    森のようちえん お山歩隊 インタビュー

  5. けやの森学園 幼稚舎・保育園インタビュー

  6. 自然に触れる体験

    やすづか学園 インタビュー