さくらがおか幼保園/さくらがおかモンテッソーリスクール インタビュー

教具が整理されて並ぶ教室

教師・荻沢さんインタビュー

Q. この学び場に込めている思い

モンテッソーリ教育は大学でかじったくらいでしたが、興味があったので探してみたら、近くにこの園がありました。
働いてみて、穏やかな雰囲気がとても好きになりました。2年目で、働きながら国際モンテッソーリ教師の養成コースを修了しました。

モンテッソーリ教育は、色々な事を自分でできるようにお手伝いしますが、できるようになったときの子ども達の表情がとても素敵です。上からではなく、その子のやりたいこと、思っていることを引き出す教育は、自分の憧れだったので、今とても充実しています。

先生は子どもにとって環境の一部なので、子ども達の憧れ・お手本になれるように心がけています。ちょっとした言葉づかいや伝え方、小さい子への接し方などが真似されるので、気を付けます。
その子を観察して、欲しているもの、敏感になっているものをよく見て導いていけるようになることが課題です。

この園は、子どもも先生もとてもハートフルで、温かい園です。
調理師や看護師さんとも距離が近く、いつも子どものために話し合い、連携して保育ができることが、小さい園ならではのいいところです。
ここで働いて、自分の生活や生き方にも影響している気がします。

関連記事

  1. 出来栄えや技術ではなく過程の経験を大切にする

    名古屋シュタイナー土曜学校 山里の森 インタビュー

  2. 子どもたちが自主的に助け合う

    自然育児 森のわらべ多治見園 インタビュー

  3. 温かみのある内装

    やまさと保育園 インタビュー

  4. スクール内の様子

    志塾フリースクール岡山 インタビュー

  5. 季節の歌と身体を動かしながら遊ぶ

    うめの森ヴァルドルフ子ども園 インタビュー

  6. 低学年授業風景

    東京賢治シュタイナー学校 インタビュー