検索結果

やまさと保育園

温かみのある内装

《愛知県名古屋市》

30年以上シュタイナー教育を実践している認可保育園

当園は、1980年の開園当初から30年以上シュタイナー教育を実践してきた認可保育園です。
過ごす時間が長いからこそ、家庭のように温かな園であることを大切にしています。
シュタイナー教育の考えに基づき、柔らかな雰囲気の室内、自然素材のおもちゃなど、子どもが子どもらしく過ごせる場をつくっています。
日本の伝統行事や、神さま仏さまを感じる心など、古き良きものも大切にしています。

  • 住所:  愛知県名古屋市昭和区山里町85-1
  • 対象年齢: 生後2カ月の産休明けから5歳児まで
  • クラス・定員:  未満児クラス・幼児クラス
  • 子どもの数: 約130名(2020年度時点)
  • 運営:社会福祉法人 太陽の家 
  • 公式サイト: https://www.yamasato.ed.jp/

日本の伝統や感謝の心を大切に

一日の基本は、自然素材の素朴なおもちゃで、想像力をはたらかせて遊ぶ時間です。
曜日により、水彩、オイリュトミー(※)、机上劇、おやつ作り、お散歩なども行います。
0~7歳は、人間の土台となる身体をつくる時期です。
安心できる食や、規則正しい生活リズムによって、しなやかな心と身体をはぐくみます。

(※言葉や楽器やお話などに合わせて体を動かす、シュタイナー教育独自のもの)

日本の伝統や感謝の心を大切に

3歳からは、一日の始めと終わりにお祈りをします。
特定の宗教ではなく、自然や動物や目に見えない存在に感謝しています。
お相撲大会、凧揚げ、節分、地域のお地蔵様磨きなど、日本の伝統を楽しむ行事もあります。
日本人が昔から大切にしてきたことを、当園でも大切にしています。

温かな第二の家庭として

当園は、生後2ヶ月から5歳児まで、計130名ほどのお子さんをお預かりしています。
大人数であり、また長時間過ごす保育園だからこそ、第二の家庭のような環境づくりを大切にしています。
クラスは1~2歳、3~5歳の縦割りで、子どもたちは兄弟・姉妹のように過ごします。
給食は手作りで、豆・野菜・玄米を中心とし、自然の調味料を使っています。
保育士の約半数が、20年以上この園で働いており、温かな園づくりに誇りと愛着をもっています。
一人一人の子どもに心を配り、それぞれに必要なことを常に考えて接するよう心がけています。

関連記事

  1. 遠足で行った動物園について皆で話す

    名古屋友の会 幼児生活団

  2. 一日の終わりにも絵本を読む

    TOECのようちえん(幼児フリースクール)

  3. たっぷりあそべる園庭

    藍住ひまわり保育園

  4. シュタイナー学園

  5. 保護中: フリースクール・ウィン

  6. 泥団子作り

    ひばりが丘団地自治会 たんぽぽ幼児教室