検索結果

自主学校 遊

《東京都 国立市》

自分の意思で行動できる人を育てる学校

東京都国立市に位置する本校は、「じょうぶなからだ、みずみずしい心、明晰なあたまを持ち、自分らしいやり方で世界と深く生き生き関わっていける人間」を育てたいという思いで作られた学校です。
子どもだけが変わるのではなく、大人自身も変わっていくことを大切にして、生徒・親・教師が一緒に歩んでいます。

  • 住所:  東京都国立市中3-11-2
  • 対象年齢: 小学生・中学生・高校生
  • クラス・定員:  1または2学年で1クラス/1クラス2~8人
  • 運営: 自主学校 遊(任意団体)
  • 公式サイト: http://yuschool.web.fc2.com

足りないものがあるからこそ

校庭も無いし、設備も整っているわけでは無いし、何もかもが揃っているわけではありません。
けれど、例えば棒きれ1本、石ころ1つを使っても、子ども自身が何かを想像したり、生み出したりすることができます。
足りないものがあるからこそ、みんなで意見やアイデアを出し合って、みんなで歩むことが出来ています。

豊富な校外活動

自主学校遊には、海の遊(伊豆分校)山の遊(群馬県・六合村)大地の遊(東京都町田市・小野路)での校外活動があります。
合宿では小学校3年生以上の子が自炊し、伊豆では磯遊びや草木染め、魚醤作りを体験し、六合村では炭焼き、小屋作り、椎茸植菌、小野路では田んぼをお借りし米作りを体験します。
こうした校外活動を通して、子どもたちに備わっている人間本来の生きる力を呼び戻しています。

世界で一冊しかない自分だけの教科書

子どもたちは授業の内容を絵や文章にしてノートに書き込んでいきます。1つのテーマが終わると、世界で一冊しかない自分だけの教科書が仕上がります。
何かの拍子に古いページに目が行くと、子どもたちは自分の書いた絵や文をなつかしそうに見入り、朗読したり思い出話をします。他の子の書いたものも、みな細部に至るまで実によく覚えています。

関連記事

  1. ラーンネットグローバルスクール

  2. 一日の終わりにも絵本を読む

    TOECのようちえん(幼児フリースクール)

  3. 身近な自然がたくさん1

    自主保育 原宿おひさまの会

  4. たっぷりあそべる園庭

    藍住ひまわり保育園

  5. 遠足で行った動物園について皆で話す

    名古屋友の会 幼児生活団

  6. 人と人とが教え合い、学び合う場所

    松江未来学園