検索結果

まきばフリースクール インタビュー

デイサービス利用のおばあちゃんと職員の赤ちゃん

子ども(19歳男子)インタビュー

Q. 君にとって、この学び場ってどんな場所?

僕は、人と関わるのは得意じゃなくて、ここに来た時も全く誰とも話そうとしなかったんです。

だけど、「一緒に遊ぼうぜ」って優しく声をかけてくれる人たちがいて、みんな友達のように接してくれて。

「ここにいていいんだな」って思える、自分にとって居場所だなと思える場所ですね。

あと、学校ならよくあるのかもしれないですけど……ここに来てはじめて人と喧嘩できた時があって。もともと引っ込み思案で言いたいことがあっても言えなかったんですけど、はじめて自分の気持ちや弱さも出せました。

弱さを出したことでみんなともっと親しくなれたりして、「弱さを出してもいいんだな。受け入れてくれる人がいるんだな。」って思えるだけでも、本当にありがたいなって感じています。

この学び場に興味がある子へのメッセージ

1人でいるよりは、誰かと関わっていた方が、新しい自分を見つけられると思います。

ここにいる人たちは、誰でも受け入れてくれます。

不登校だからって終わりじゃないし、不登校だからこそ夢に向かって何かをする時間もできると思うんで、まきばで音楽とかゲームとか好きなことを伸び伸びやるのもいいかなって思います。

保護者(息子8歳/娘2歳)インタビュー

Q. なぜこの学び場を選んだのですか?

もともと自分自身が不登校だったこともあって、不登校の経験談を講演で話したことがあったんです。

そのあと不登校の相談を受けるようになって、紹介先としてもいろんな居場所を知りたいなあと思っていた時に、まきばフリースクールに来る機会がありまして。代表の武田さんの考えや思いにもとても共感したんです。

実際にまきばのイベントに来てみたら、親としても息抜きができるというか、「私1人」が全てを抱えるのではなくて「みんな」で協力しながら子どもを育てていくような環境があって、素敵だなあと。

子どもたちの遊び相手も見つかるし、1人で子どもを見るよりも、心が楽になるので、ここに来るようになりました。

Q. 不安は無かったですか?

今5家族くらいの方達と一緒にまきばのイベントに来させてもらっているんですが、どのご家庭も代表の武田さんと出会って、お人柄を信頼できて安心して来ていますね。

来ているメンバー同士の横のつながりがあって、お互いの体験談や気持ちを共有できる機会もあるので、そこも安心の1つですね。

Q. どんな場面で子どもの成長を感じましたか?

息子は、わりと静かで繊細で、あんまり主張もしないタイプで、安心できる場所じゃないとあまり行きたがりません。

ですが、ここに来たら一瞬でこの場に慣れて打ち解けたようで、思いっきり遊んでいました。

あと、もともとカエルが苦手だったんですが、今では自然の中でたくさんカエルを捕まえるようになりましたね(笑)

ここに来るとダメって否定されることもないですし、好きなこと(マインクラフト)を通じて友達もできてたくさん遊んで、自分のペースで過ごせるので息子も安心できるようです。

子どもが興味があること、好きなことを追求している姿や、自然の中でたくさん遊んでいろんな人と繋がっていく姿を見られることは、親としては何だか嬉しいですね。

この学び場に興味がある保護者へのメッセージ

心配しないで、まずは来てみてください。

元気じゃない時に、元気な人ばっかりの中に入るのはなかなか難しいと思うんです。
ただ、ここはどんな人も受け入れてくれる安心感もありますし、色々な楽しいこともあります。

元気な人も、元気じゃない人も来れる場所だと思うので、ぜひ来てみてください。
一緒に稲刈りをするでもいいですし、ツリーハウスの中で語らうのもいいですし、ただただぼーっとするのもいいですし。

それと、代表の武田さんに話を聞いてもらっていると、本気で背中を押してくれて、私たちの夢が広がっていくような気持ちにもなります。

子どもだけでなく親御さんにもここで安心してもらえればなと思います。

スタッフインタビュー

Q. この学び場に込めている思い

「存在が尊い」

常に、こう思っています。

1人1人、学校行ってるとか行っていないとか、これができる、これができないとか、色々な悩みもあると思います。本人だけでなく、家族の悩みもあると思います。

だけど、そこに存在しているだけでも、命があるだけでも素晴らしいんです。

うちには、人生を悲観している人もいれば、自分には何もできないと思っている人もいます。

ただ、そういう悩みや弱点は、長所でもあるんです。

弱点があるからこそ、他者の寂しさや居場所の無さなど、様々な気持ちに寄り添うことができます。
弱点があるからこそ、助け合う気持ちが生まれます。
弱点があるからこそ、一緒に涙し、一緒に喜び合える仲間ができます。

うちでは、どんな弱点も、そしてどんな存在も歓迎される、安心できる場所を作っていきたいです。

Q. この学び場に興味がある親子へのメッセージ

よく、親御さんや別のフリースクール運営者が「ここ(まきばフリースクール)に来ると、なんで子ども達は元気になっていくんだ?」って聞きにくるんです。

でも、別に特別なことをしているわけではありません。 

1人1人が抱えるニーズを見極めた上で、毎日「今日できる最善を尽くす」ということを積み重ねているだけなんです。

私たちは日々全力で、ここに来る1人1人の子の気持ちや表情を見ています。「あ、今日はこんな状態なんだな」「今は、こんなことを求めているんだな」ということを見極めて寄り添います。

1人1人の今必要なことに全力で向き合うので、ぜひ安心して来てくれれば嬉しいです。

関連記事

  1. 自然と遊ぶ楽校ネット

    保護中: 寺子屋 方丈舎 インタビュー

  2. 棚田でサッカー

    産の森学舎 インタビュー

  3. 横浜シュタイナー学園 インタビュー

  4. お菓子パーティー

    デモクラティックスクール にじのりずむ インタビュー

  5. 授業風景1

    京田辺シュタイナー学校 インタビュー

  6. スクールの仲間たち

    フリースクール三重シューレ インタビュー