検索結果

自然保育 森のたんけんたい

《愛知県春日井市》

自然の中で生き生きとすごす子どもたち

森のたんけんたいは、自然体験を基軸とした保育を行っています。
生命が息づく「森」や「里山」という環境は、命のつながりや自然とくらしとのつながりを実感しやすく、子ども達は興味あることを見つけ、五感で感じ、体験を通してさまざまなことを学びます。
活動の拠点は、少年自然の家、細野キャンプ場など、愛知県春日井市内の自然豊かな場所です。
基本的に現地集合・現地解散で、地域の自然という環境を最大限に生かしながら保育を行っています。

  • 住所:  愛知県春日井市の自然の中(少年自然の家、細野キャンプ場など)
  • 対象年齢: 1歳8ヶ月~5歳児
    ※ 5~4歳児は週5日、3歳児は週4~5日(選択制)、2~1歳児は週1~2日(選択制)です。
    ※未就園児の親子クラス「おさんぽ」、3歳~小学生親子クラス「野遊び」も定期的に開催しています。
  • クラス・定員:  縦割り1クラス/定員約10名
  • 子どもの数: 約10名(2019年時点)
  • 運営: 合同会社トムテ
    ※「おさんぽ」「野遊び」は森遊舎(任意団体)が運営しています。
  • 公式サイト: https://morinotankentai.jimdo.com

興味のあるものを見つけ、主体的に遊ぶ

森のたんけんたいでは、毎日、晴れでも雨でも雪でも、自然の中で過ごします。
自分の興味のあるものを見つけて遊んだり、生き物と触れあったり、仲間とごっこ遊びや鬼ごっこをしたりと主体的な遊びを大切にしています。
また、栽培と食(田畑の活動、野外炊事)、造形絵画(自然素材を多用)、音楽・表現活動(歌、わらべうた、絵本、劇あそび)、家族・社会(伝統行事や地域の風習)などの内容も取り入れ、バランスのとれた経験ができるよう配慮しています。

仲間と共に育ち合う

自然の中で、仲間とイメージを共有したり工夫しながら遊ぶことで、創造性や感性を育んでいきます。
少人数の縦割りクラスなので、異年齢の子どもたちときょうだいのような関係をつくることができます。
また、自分の気持ちややりたいことを言葉で伝え合う機会を大事にしています。
できること・できないことを助け合いながら、自分や相手の気持ちを大切にすることを学んでいきます。

経験豊かなスタッフのケア

子どもたちを見守るのは、保育経験と自然体験豊かな有資格の常勤スタッフです。
スタッフは、子ども達が主体的に考え行動できるよう、また自分や他者の気持ちを大事にしながら、その子本来の健やかな力が引き出せるよう、過不足のない支援を心がけています。
入園は1歳児(1歳8ヶ月)から可能で、小学生親子クラスもあります。
一人一人の子どもに、長い目で見通した保育をしています。

関連記事

  1. 東京賢治シュタイナー学校 幼児部 たんぽぽこどもの園

  2. デモクラティックスクールまんじぇ

  3. 札幌友の会 幼児生活団

  4. 幼児教室くるみえん

  5. 西宮サドベリースクール

  6. ひばりが丘団地自治会 たんぽぽ幼児教室