検索結果

三河サドベリースクール・シードーム

真夏はやっぱり水あそび!

《愛知県岡崎市》

子どもを全面的に信頼する自由な学びの学校

当校は、米国サドベリー・バレー・スクールをベースにした学びの場です。
子どもたちは、毎日を自分で考えて、自由に過ごします。自らの「やりたい」という気持ちを大切にしています。
日常生活やミーティングの場で、自分の想いを伝え合い、他者の考えを理解し合いながら、お互いにとってよりよい環境をつくっていきます。
この過程で、必要なことを身につけたり、他者を認めることなど、様々なことを学びます。

  • 住所:   愛知県岡崎市井田町(住所非公開)
  • 対象年齢: 入学時に4歳~18歳くらいまで(在籍上限年齢の規定は無し)
  • クラス・定員:  クラス分けなし・定員なし
  • 子どもの数: メンバー13名 ビジター17名 総登録者数30名(2020年度)
  • 運営:  一般社団法人 三河サドベリースクール・シードーム
  • 公式サイト:  http://www.mikawasudbury.com

学びたいと思ったら自ら行動

子どもたちは日々やりたいことをやり、学びたいと思ったら自ら行動します。
そこに大人が必要であれば、自分からサポートを頼みます。
常勤スタッフ以外にサポーター制度もあり、生徒の要望に応じて技術・知識を持った方がサポートしてくれることもあります。
大人が用意する授業や、テストや通知表はありません。
子どもたちは毎日、公園で遊んだり、ゲームをしたり、イベントを企画したり、本を読んだり、パソコンをしたり、料理をしたり…と自由に過ごします。

共にコミュニティをつくる

自由の中にも、皆が守るべきルールはあります。
ルールは、生徒とスタッフによるミーティングで民主的に話し合って決めます。
大人も子どもも同じ権利を持つことで、子どもも責任感を持って学校づくりを担っていきます。
こうした環境の中で、自分の得手不得手、関心があることを知り、他者と尊重しあって生きる力をはぐくんでいきます。

スクールの外にも広がる学びの場

校舎は住宅街の一軒家です。全ての部屋を自由に使いながら、必要があれば近所の空き地や公園に行くこともあります。
遠くに行くこともできます。子ども予算「子金虫」という制度があり、ミーティングで承認されると使うことができ、交通費・施設利用料のほか、料理や工作の材料など、学びの幅を広げるために使えます。
用意された環境だけでなく、その時の興味関心に応じて、必要な環境を自ら選んでいきます。

関連記事

  1. 一日の終わりにも絵本を読む

    TOECのようちえん(幼児フリースクール)

  2. 好きなことをして過ごす

    西宮サドベリースクール

  3. おうちのような温かみのある園内1

    さくらがおかこども園

  4. 札幌トモエ幼稚園

  5. 沖縄サドベリースクール

  6. 火を囲んでお弁当

    森のだんごむし